読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AA3到達!超越ウィッチデッキレシピ

長らく時間が開いてしまいましたが、AA3に到達しました!実は到達したのは結構前で、納得できるデッキが仕上がってなかったのが遅くなった原因です。

f:id:utopia0225:20170216112317p:image

 

では、次はデッキレシピです。

f:id:utopia0225:20170216112453p:image

《フォロワー(10枚)》

古き魔術師レビィ×3

ミニゴブリンメイジ×3

ガントレットヒーラー×2

フレイムデストロイヤー×3

 

《スペル(30枚)》

エンジェルスナイプ×3

知恵の光×3

光の道筋×3

マジックミサイル×3

虹の輝き×3

ウインドブラスト×3

魔力の蓄積×3

ルーンの貫き×3

運命の導き×3

次元の超越×3

 

『前回と変わった点』

《レビィ・ミニゴブリンメイジ・ルーン》

このデッキのキーカードたちです。このデッキの進化権はほぼレビィに使います。このカードの存在によって、大量展開されてもレビィ+ルーンで盤面を返すことができます。

ミニゴブリンメイジは後攻で3ターン目にプレイすることによって4ターン目に進化権を有効に使うことができます。しかし、先行では事故要因になり得るので2枚に抑えています。

 

ガントレットヒーラー》

このカードは前回まで採用していませんでしたが、これがないとOTKエルフ、アグロヴァンプなどの早いデッキに対応出来なくなってしまいます。

使い方は3ターン目で出すのではなくスペルブーストが溜まってコストが減っている運命の導きなどと併用していきます。

 

《魔力の蓄積》

最近、このカードの重要度が上がっています。ウィッチミラーではこのカードを多く使えた方が勝つと言っても過言ではありません。コントロール系のデッキに対してもこのカードの有無が勝利に直結しますので、そういうタイプが相手の場合は初手にキープするようにしてます。

 

《虹の輝き》

このカードは攻めと守りを両立できる万能カードだったのですが、ドラゴン戦やウィッチミラーなどでは完全に死に札になってしまいました。そういうデッキが相手の場合は初手には絶対に残さないようにしましょう。

 

《運命の導き》

このカードも評価が変わりました。カードというのは「手札の多さ=やれることの多さ」なので先行で相手より手札が少ない時は積極的に初手にキープするようにしていました。

 

前回の時と変わった点は以上です。アグロ系のデッキはまだまだ苦手ですがうまく噛み合えばそこまで苦戦する相手はいないほどのスペックがあります。よければ使ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。